高品質なCD制作が可能となるCDプレス

CD制作を行う際、パソコンを使用してデータをコピーするという方法が最も手軽ですが、データの書き込みエラーが生じる場合があります。また、再生機器との相性によっては再生不能となる場合もあり、販売を目的としている場合には品質面で不安があります。それに対し、CDプレスでは、物理的な方法でCDにデータを記録するため、より安定した品質のCDを制作できます。また、様々な機器での再生に対応しているため、不特定多数へ向けて販売を行う場合でも安心です。CDプレスというのは、専門業者への依頼が必要となりますが、インターネットを通した注文に対応している業者も多いため、手軽に依頼することができます。その際、制作枚数によって費用が異なりますが、制作枚数が多いほど1枚当たりの費用がお得になるため、CDを大量に制作したい場合には最適です。

自作の曲の配布にCDプレスを使おう

日本には数多くの音楽があります。有名な歌手が出しているCDを買ったことのある人は多いでしょう。歌手の歌う歌以外にも、個人が作った曲もCDとして出回ることがあります。動画配信サイトにも流れていますが、現在では楽器が演奏できない人でもソフトウェアを使って作曲ができます。個人制作の曲の中で有名な物は何万回と再生されていたりします。自分も作曲して配布したいと考える人もいるかもしれません。しかし、曲ができたとしても配布手段が問題になります。インターネットで配信するのも手ですが、CDとしての配布も視野に入れておきましょう。その際にはCDプレス業者を利用しましょう。焼くデータがあれば、一度に大量のCDを作ってくれます。納品も早く、眼段も手ごろです。ただし、ケースを作る場合は印刷データと別途料金が掛かります。

CDプレスを依頼する

CDプレスは専門の業者に依頼をすることで数百枚から数千枚を短期間を作成をすることができます。そして、最近はコストを抑えるためにインターネットで発注ができるようになっています。まずは、データをその業者に送りチェックをすることになります。基本的には、CDはパソコンやオーディオプレイヤーで再生ができるかをチェックします。それが完了するとマスターを制作して、実際にプレス作業をして行きます。料金に関しては、パッケージ有か無しかで変わってきます。それと、ジャケットの作成も同時に依頼することができます。そして、制作する枚数によりますが一週間から二週間ほどで完成して納品になります。業者によって単価は違ってきますが、例えば、100枚作ると50000円程ですが、1000枚作ると80000円程と単価を抑えることができます。